2004年10月23日

バンドエイド再び

furiru02
フリル「今年のクリスマスはあの伝説のバンドエイドが蘇るそーデス。」
クリオ「コールドプレイ、ダークネス、トラヴィス、キーン、オアシス、ブラー、ロビー・ウイリアムス、ダイドが参加?!ああ豪華しぎて目眩がしそう。」
フリル「オリジナルと同じ部分をボノに歌ってもらう、、と言う計画もあるそうデス!じゅる。」
クリオ「そーか。思えば初代バンドエイド、生き残っているアーティストは数えるほどだねえ。U2、スティング、あとはまあデュランデュランかな。あ、一応ジョージ・マイケルもいたよ。」
フリル「メイキングビデオで熱唱するボノを見てデュランデュランのサイモンが笑ってたよな。あの当時デュランデュランのほうが圧倒的に売れてたよな。まさか立場が逆転するとは思ってなかっただろーに。」
クリオ「個人的にはキーンのトム・チャップリンにボーイ・ジョージのパートを歌って欲しいね。ああ年末の楽しみが増えたヨ。」
kurio09
posted by クリオ&フリル at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

来ちゃう(ハート)

フリル
フリルです。どうやらU2が近々来日しそうデス。なんと7年ブリブリ。今の彼等ならやっぱりドームツアーでしょーか。今から楽しみデスデス。

http://www.nme.com/news/110139.htm

posted by クリオ&フリル at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

無くしても気にしない

kurio09
クリオ「AppleのiTunes TV CMにU2が出演して新曲「 Vertigo」を演奏しているんだ。」
フリル「ああ、例のCD-Rを無くして焦ってた音源だネ。」
クリオ「結局ブート盤は流通しなかったけどな。それにしてもこの曲カッコエエなあ。」
フリル
フリル「かなりロケンローですね。エッジのギターもかっこいいデス。とてもオジさんの出す音とは思えませんデス。」
クリオ「ボノはうちのパパんと同じ年なんだよ。むは〜。」

http://www.apple.com/itunes/u2/
posted by クリオ&フリル at 02:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

WHAM!ブームに乗るかい?

フリル
フリル「この秋のフジテレビ系新番組『ラストクリスマス』もうお分かりと思うが主題歌はWHAM!のあの曲なのデス。」
クリオ「『プライド』のクイーンで味をしめて今度はWHAM!を売ろうとしている訳だな。」
フリル「そのとーりデス!まあでも歌ってるのは織田裕二なのでかなり微妙でありマス。さらに言えばトヨタのプリウスのCMソングはWHAM!の『フリーダム』デス。」
クリオ「クイーンは東芝EMI。WHAM!はSONYレコーズ。東芝ばっかりに美味しい思いはさせねえ、、過去の遺産でもう一度稼がせてもらうぜ、、、って事か。」
フリル「もちろんその通り!11月17日にはベスト盤も再リリースされますデス。」
クリオ「俺はここに予想する。クイーンの三分の一も売れないと!」
フリル「お。言いましたデスね。なにか罰ゲームでもかけるかい?」
クリオ

クリオ「じゃあハズれたらイヤーラジオ取って耳をお見せしよう。」
フリル「なんデスかそれは。」
posted by クリオ&フリル at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

100円ハンターが行く

kurio05
クリオ「うちの近所に大きなブックオフが出来たんだ。CDも置いてるヨ。」
フリル「たまに本を買うですよ。」
クリオ「あそこほどアーティストの人気をシビアに反映している場所は無いね。特にCD100円コーナーは面白いゼ。」
フリル「tatu置いてあった?」
クリオ「tatuはもちろんだがな。意外なのはジャミロクワイ、カーディガンズ、当たりが置いてあったんだ。ホイットニー・ヒューストン、マライヤ・キャリーなんか山のように積んであったよ。」
フリル「ジャミロクワイが100円かぁ、、栄枯盛衰デスなぁ、、、。」
furiru05

jk
posted by クリオ&フリル at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

ジョス・ストーンは17才

kurio05
クリオ「17才の天才R&Bシンガーの『ジョス・ストーン』カバーアルバムのエビュー作が200万枚も売れたんだよな。いよいよニューアルバムの発売だ。」
フリル「なんか若いメイシー・グレイって感じで凄く表現力のある歌を聴かせてくれルね。」
クリオ「でもこの娘も最近のアメリカンティーンアイドルの流行を取り入れていますな。」
フリル「というと?」
クリオ「樽バラだってコトだよ。」
フリル「、、、なるほどドスコイだ、、。」
フリル
js

ジョス・ストーンhttp://www.toshiba-emi.co.jp/jossstone/index_j.htm
posted by クリオ&フリル at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

高いゼ輸入盤!

kurio03
クリオ「よくタワーレコーズに立ち寄って新譜をチェックするんだけどさ。」
フリル「ふむふむ」
クリオ「最近どーも輸入盤が高いんダヨ。あと何故か北米盤が入荷しないんだ。CCCDのユーロ盤ばかり入荷する。」
フリル「それって国会で審議された『著作権法一部改正案』で輸入盤がストップするかも知れない問題と関連ありそーダネ。」
クリオ「ソソ。タワレコは輸入盤が止まることはありません、、って宣言だしたけどな。実質は客にはもう選べないような状態になってるんだヨ。」
フリル「つーかクリオ、いつも試聴だけして帰ってクルじゃないデスか!」
クリオ「試聴だけするのは抵抗だよ。タワーで音をチェックしてアマゾンのネット通販で買うんだ。」
furiru05
フリル「タワーにとってはかなり迷惑な客なワケだね。ウキキ。」
クリオ「迷惑で結構だにょ。タワーがメジャーレコード会社に気兼ねした不自由な品揃えを止めない限りオレの孤独な戦いは続くゼ、、。アイ・フォート・ザ・ロウ、、ってちょっと違うか。」
posted by クリオ&フリル at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

眼鏡っ娘海を渡る

kurio05
クリオ「ほわ〜ん。リサ・ローブのインストアイベントに行ってきたぜ。」
フリル「お。クリオ眼鏡っ娘が好きだもんなあ。」
クリオ「笑っていいとも見てたら告知してたんだヨ。ラッキーだったよ。むっひー。」
フリル「それでどーだったの?」
クリオ「ステイでいきなり全米ナンバー1を取ってからいまひとつだったし前回のアルバムが不評で心配してたけど今回のニューアルバムはイイよ。バンドサウンドとアコースティックのバランスもいいしポップな曲も沢山で永く聴けそうで嬉しいヨ。」
フリル「彼女はまだ眼鏡かけているデスか?」
クリオ「あたりまえデス。リサと言えば眼鏡。もうね体の一部だからね。」
フリル
フリル「外国の女性眼鏡キャラは珍しいデスよね。日本だと光浦靖子かぁ、、。」
クリオ「はい。一緒にしないでください!」

リサ・ローブ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A019008/VICP-62810.html
posted by クリオ&フリル at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

フランツ・フェルナンドがやって来る!

クリオ
クリオ「祝!フランツ・フェルナンド再来日。今度はママンも許してくれそうだ。」
フリル「フランツ・フェルナンドは歴史上の人物の名前デス。オーストラア・ハンガリー帝国の皇太子“フランツ・フェルナンド”の事デスね。」
クリオ「そうなの?全然知らなかったよ。」
フリル「彼が暗殺された【サラエボ事件】がきっかけで第一次世界大戦が勃発したんダよ。」
クリオ「ヘーヘーヘー。」
フリル「むは。最近知識を披露すると必ずそういうリアクションでなんだかムカつくでありマス。」
furiru04
posted by クリオ&フリル at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

hype!

クリオ
クリオ「シアトルのグランジムーブメントを記録したドキュメンタリー『hype!』がいよいよDVD化されたんだ。」
フリル「ふむふむ。」
クリオ「80年代後半、アメリカの音楽シーンはLAメタルなどの産業ロックミュージック一色だったんだ。そこに登場したニルヴァーナが以降の音楽シーンを塗替えてしまった訳ダヨ。」
フリル「ふむふむ。」
クリオ「おねえちゃんのオッパイやお尻の歌ばっかり歌っていた音楽シーンに突如として現れた内省的な歌詞、パンクとは違うハードなギター、ボロボロのファッション、ものすごくリアリズムを感じたモノだよ。」
フリル「ふむふむ。」
クリオ「『スメルズ・ライク・ティーンズ・スピリット』の歌詞『はろーはろーはろーはうろう』なんてヒリヒリと痛いゼ。『ハローハロー、どのくらい最低かい?』って。スタートがゼロ以下なんだよ。『ひでえの解ってるけどどのくらいヒドイの?』だぜ。わかるか?フリル?」
フリル「ふむふむ。」
クリオ「とにかく90年代初頭の音楽シーンは『ニルヴァーナ以前、ニルヴァーナ以後』と言えるほどガラっと変わってしまった。それほど重要な瞬間を記録した貴重このうえない作品なんだよ『hype!』は。」
フリル「ふむふむ。」
クリオ「さっきから『ふむふむ』しか言ってないけど解ってんのかい?」
フリル「いや。実はニルヴァーナって聴いたことがないのデス。ピョン。」
クリオ「なにがピョンだよ。ipodにリピートして入れておくから電池が無くなるまで聴けよ。ほら!」
furiru03
posted by クリオ&フリル at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。